« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

地震に無傷の家

TNC(TOKAIネットワーククラブ)さんのプレゼントで当選しました。
ありがとうございました。
家を建てるときの参考にしよう。いつのことやら。

地震に無傷の家―阪神大震災に窓ガラス一枚の破損もなしWPC工法・百年住宅とは地震に無傷の家―阪神大震災に窓ガラス一枚の破損もなしWPC工法・百年住宅とは
中嶋 文雄

ニューハウス出版 2006-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナビスコ予選 地元2チームの状況

ナビスコ予選が終わりました。
県内の2チームの状況です。2チームとも予選2位でしたが、磐田は2位チームの中で2位だったので、準々決勝へ。横浜と6/3に対戦。方や清水は今日の試合で負けて二位の中で4位で敗退。
とりあえず磐田はよかった。清水はJでがんばれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニベアボディ ホワイトゴマージュ

たまたまTVを見ていて、非常に気になったので紹介します。
『ニベアボディ ホワイトゴマージュ』の田波涼子さんです。気になったCMはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (1)

万物理論

グレッグ・イーガン著『万物理論』読了
『宇宙消失』に続き、読んでみたが、いまいちわからなかった。アインシュタインの生誕100周年の記念会議で万物理論(統一理論でいいんだと思うが)の解決を3人の科学者がそろぞれの説明を行う。それに伴うテロなどが起こる。最終的に主人公が解の論文を読むのだが、情報の混合化が起き・・・
よくわからなかった。
でも、分厚い本なのだが飽きないのはすごい。冒頭の導入部で語られる死後復活とかベースで出てくる”汎性””強化男性””微化女性”などこれだけで十分別のSFを書ける。少しわかりやすいものを書いてくれればいいのだが。

万物理論万物理論
グレッグ・イーガン 山岸 真

東京創元社 2004-10-28
売り上げランキング : 25,141
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本がわからなかった方にはこれがおすすめらしい。
万物理論―究極の説明を求めて万物理論―究極の説明を求めて
J.D. バロー John D. Barrow 林 一

みすず書房 1999-12
売り上げランキング : 322,657
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の科学 真空管ラジオ

こんなものを見つけました。真空管ラジオですよ!
買ってしまうかもしれない。実用的でないこと間違いなし。しかも電池駆動。どこでも持ち運び可能。でも真空管ラジオなのだ。こんなの作ってしまう会社もすごい。
昔ラジオ少年だったおじさまたちにおすすめ。

大人の科学 真空管ラジオ大人の科学 真空管ラジオ

学研 2006-03-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

τになるまで待って

森 博嗣著『τになるまで待って』読了
西之園萌絵シリーズの第三弾。良いんだか悪いんだかよくわからない。なんとなく殺人があって、密室と思われたのだけどそうじゃなくて。外から溶接するなんておかしくないか。

τになるまで待ってτになるまで待って
森 博嗣

講談社 2005-09-06
売り上げランキング : 167
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩兵の本領

浅田 次郎著『歩兵の本領』読了
やっぱり浅田さんの小説は安心して読める。人情話は天下一品だ。
この短編集は現代の軍隊『自衛隊』の隊員の話だ。ただし、現代ではなく少し前、1960〜70年代だと思われる。月給が15,000円というから時代もしれる。自衛隊に勧誘されて入隊してきた者の入隊時の話や除隊になる日を描いた表題作など非常に重みがある。
ある意味日本の縮図というか思想の根底を端的に表している『自衛隊』であるが、立派な軍隊だ。でも基本的に戦争はやらない。いままではせいぜい災害救助とひたすら訓練し、専守防衛を旗印にしてきたが、イラクとか紛争処理にもいくことになり、だんだん戦争に巻き込まれることになる。今後はもっと外国に行くことになるのだろう。災害派遣も大変だけど、戦争しなきゃならないのは大変だ。今後アジアもきな臭くなるかもしれない。中国や韓国とも東シナ海でもめている。自国を守るためにも軍隊は大事だ。自衛隊が自国を守る重大な任務についていることをもっとみんなで考えなければいけない。
まあ、そんな重く考えずにこの小説を読むほうがいい。

歩兵の本領歩兵の本領
浅田 次郎

講談社 2004-04
売り上げランキング : 84,606
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女王様と私

歌野 晶午著『女王様と私』読了
たまたま図書館で取ったミステリー。ちょっといけてなかった。
導入部のひきこもりのおじさんと小学生の女の子のやりとりがまずよくわからなかったが、そのあとの連続殺人もよくわからなくて、最終的に妄想だったというのは全然いただけない。オタクのおじさんも気持ち悪いし、人形との会話もこっちの頭がおかしくなる。妄想だから良いのかもしれないけど、いきなり小学生が中年のおじさんを奴隷みたいにしてしまうところはめちゃめちゃ現実感がない。おまけに人が簡単に死にすぎる。そんなに簡単に人を殺しちゃいかんよ。空想だからって良いわけ無いでしょ。玄人受けするミステリーかもしれないけど、私としてはだめだな。

女王様と私女王様と私
歌野 晶午

角川書店 2005-08-31
売り上げランキング : 1,891
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »