« 平成電電 やっぱり倒産 | トップページ | グァム移転やら何やらで3兆円 »

捕虜収容所の死

マイケル ギルバート著『捕虜収容所の死』読了
2年ほど前のこのミスにランキングされたミステリーの1冊。
戦時中のイタリアの捕虜収容所を舞台とした殺人事件とトンネル脱走を組み合わせた非常におもしろいミステリーだ。捕虜収容所の場面や脱走のためのトンネル作りなどは映画『大脱走』を思わせるが、もともとこの小説は1952年なので、こちらが元となっているのかもしれない。脱走のためのトンネルで発見された被害者がどのようにそこに運ばれたのか、トンネル脱走にからめて最後まで真相がわからない展開で非常におもしろかった。
読む価値あり。

捕虜収容所の死捕虜収容所の死
マイケル ギルバート Michael Gilbert 石田 善彦

東京創元社 2003-05
売り上げランキング : 183,796
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 平成電電 やっぱり倒産 | トップページ | グァム移転やら何やらで3兆円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/9728308

この記事へのトラックバック一覧です: 捕虜収容所の死:

« 平成電電 やっぱり倒産 | トップページ | グァム移転やら何やらで3兆円 »