« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

街の灯

北村薫著『街の灯』読了
北村薫さんのあたらしいシリーズで昭和初期を舞台に上流階級のお嬢様とその女性運転手ベッキー(別宮さん)の短編集です。北村さんのミステリーは人が殺されないもので、『空飛ぶ馬』以来ずっと読んでいる。まったりと読めるのだが、なかなかぴりっとこないのでちょっと退屈になってしまう。
昭和初期ってまだ100年もたっていないのだけど、けっこう世の中が変わってしまっていることがわかる。こんなインターネット全盛の世の中になることなんか想像も出来なかっただろう。もっともちょっと前のメールもないころにどんな風に仕事をしていたのかも忘れてしまっている。
このシリーズはまだ続くらしいので、ちょっと楽しみ。

4163215700街の灯
北村 薫

文藝春秋 2003-01
売り上げランキング : 282,940
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暗殺者

ロバート・ラドラム著「暗殺者」読了
文庫本で上下2冊の大作で、古本屋で見つけていつか読もうと積んであった本でやっと読むことができた。ラドラムは案外日本では人気がないのだけど、映画「ボーン・アイデンティティー」の原作だ。この映画を見たのがきっかけで読もうと思っていたもの。
原題はボーンの自己証明とでも言うもので、主人公のジェイソン・ボーンが記憶喪失してしまい、手がかりを元に自分を見つけようとするが、自分が暗殺者であるかのような情報が出てきて、それと実際の暗殺者カルロスとの戦いが非常にスピーディに展開するサスペンスアクションである。原作は1980年代のものであるが、決して色あせていない。また、映画もこの長い小説をうまくまとめた感があり、非常に面白い。どちらも一度見てみるべし。

B0006JJW4Kボーン・アイデンティティー スペシャル・エディション
マット・デイモン ダグ・リーマン フランカ・ポテンテ

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2005-01-28
売り上げランキング : 4,681
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jリーグアウォーズ 最優秀新人賞カレンロバート

Jリーグアウォーズ2005が行われたようです。わが愛するジュビロからは福西選手がノミネートはしていましたが、残念ながらベストイレブンには選ばれず。
でも、最優秀新人賞に若きFWカレンロバート選手が選ばれました。(カレンは昨年から出ていたんじゃない?。新人扱いなの?)この賞を励みに、天皇杯で大爆発して決勝まで行ってくれ。片やガンバ大阪の大黒選手はTVの収録で怪我をしたとか。まだ、試合あるのにそんなことでいいの。というか来年はW杯なのに、そんなんでいいの?

今日知ったのだけど、次の天皇杯はカレンが出場停止なんだって!FWはいるのか?前田だけなんじゃないの。それもあって前の試合岡本を先発させたのかな。大丈夫か。いや勝ってくれるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MORNING GIRL

鯨 統一郎著『MORNING GIRL』読了
SFミステリーというジャンルか、宇宙空間のサイトで発生する睡眠時間減少の謎をさぐるという内容。また、宇宙空間での妊娠と出産も行われる。
いまのところ、宇宙ステーションは資金不足であと何年かで廃棄される予定だとか。宇宙空間で長期間生活しなければならない理由もないし、ましてや普通の人が生活するのは夢のまた夢だろう。もし、生活することとなったら、妊娠もあるだろうし出産もあるかもしれない。宇宙線の影響もあるし、無事に出産できるんだろうか。
あと、もう一つのテーマである睡眠だけど、なぜ動物は睡眠するんだろうという謎について、話題を提供している。普通の人間は7時間ぐらいの睡眠を必要とするのではないか。睡眠を制限されると最後には死んでしまうということなので、必要なことなのだろうが、睡眠がなぜ必要なのかと言うことはわかっていないことも多いのだろう。
自分も仕事の締め切りの関係でどうしてもこなさなければならないときには徹夜をするときがあるが、たしかに歳のせいもあって次の日に厳しい状況になる。睡眠は日常生活には大事だ。
そういった話題を考えさせてくれる本だ。

4562038950MORNING GIRL
鯨 統一郎

原書房 2005-06
売り上げランキング : 94,048
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーストラリア 累積債務解消

日経新聞のサイトをでニュースを見ていたら、オーストラリアは債務超過が今年なくなり無借金になるとか。10年前に約10兆円の借金があったのだが、その後の企業の業績回復でずっと黒字を続け、ついに借金がなくなるところまできたそうだ。本来なら国債を発行しなくてもいいのだけど、債券市場のことを考えて”しかたなく”発行するのだとか。
かたや日本の事情はどうか。その昔このBlogに書いたときには、245兆円の債務超過だった。少なくとも減っていないだろうし、来年も増えるだろうからこれ以上になっているだろう。この国とオーストラリアの違いはなんなんだろうか。確かにオーストラリアは新大陸?(古い)だし、人口も少ないし、農業などの産業で輸出等をしているはず。(はっきり知らないのだけど。石油とかも取れるのかなぁ。)
なんでオーストラリアは借金が減って、日本は増えるのか。根本的に間違っていることがあるのではないかとつくづく感じる年の瀬だ。
オーストラリアにも行ってみたいなぁ。娘は短期留学したんだっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成電電の引き受け先決定

破綻した平成電電の引き受け先としてドリームテクノロジーが決まったという報道がありました。
ソフトバンクとかUSENも争っていたそうだけど。ドリームテクノロジーって大丈夫なのかな。村上ファンドが入っているとか言っているけど、村上さんって通信会社のことは知らないはず。平成電電って案外キャリアとしてのインフラはあまり持っていないのじゃないかな。
会社は存続してサービスは継続されるのかもしれないけど、匿名出資組合の500億円(だったかな)は戻ってくるのかな。やっぱりだめなんじゃないかなぁ。(かわいそうだけど、会社が破綻したらどうしようもない。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仲根かすみさん結婚!

仲根かすみさんが結婚したとか。ソフトバンクの和田投手がお相手らしい。
びっくり。どういうつながりなんだろう。

B000B7I3I8仲根かすみ 夏の思い出
仲根かすみ

竹書房 2005-11-25
売り上げランキング : 1,628

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

このミステリーがすごい!2006 発売

このミステリーがすごい!2006年版が発売されていました。早速買ってきました。
全部紹介してはいけないと思いますので、ベストスリーだけ紹介します。
国内部門
第一位 東野圭吾著『容疑者Xの献身』

4163238603容疑者Xの献身
東野 圭吾

文藝春秋 2005-08-25
売り上げランキング : 262
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

第二位 石持浅海著『扉は閉ざされたまま』
4396207972扉は閉ざされたまま
石持 浅海

祥伝社 2005-05
売り上げランキング : 40,189
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

第三位 横山秀夫著『震度0』
4022500417震度0
横山 秀夫

朝日新聞社 2005-07-15
売り上げランキング : 930
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

海外部門
第一位 ジャック・リッチー著『クライム・マシン』

4794927479クライム・マシン
ジャック リッチー Jack Ritchie 好野 理恵

晶文社 2005-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

第二位 マイクル・コナリー著『暗く聖なる夜』
4062751844暗く聖なる夜〈上〉
マイクル コナリー Michael Connelly 古沢 嘉通

講談社 2005-09
売り上げランキング : 6,527
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

第三位 ジェイムズ・カルロス・ブレイク著『無頼の掟』
4167661896無頼の掟
ジェイムズ・カルロス・ブレイク

文芸春秋 2005-01
売り上げランキング : 77,727
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本体はこちら

4796650334このミステリーがすごい!―2005年のミステリー&エンターテインメントベスト10 (2006年版)

宝島社 2005-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

四月になれば彼女は

川上健一著『四月になれば彼女は』読了
もともと本屋でみて、あまりにも装丁がきれいだったので手に取った。横山秀夫の『クライマーズハイ』を思い出したから。普段はミステリーとSFしか読まないので、こういったジャンルを読むのは久しぶり。青春小説とかにはいるのかもしれないが、主人公の高校卒業後就職までの1,2日を丹念に書いたものだ。比較的スムーズに読めるのだけど、主題がよくわからない。でも、自分の高校時代の終わりの頃を思い出した。高校を卒業して大学入学までのモラトリアムというか糸の切れた凧のような感覚を思い出した。せつないというかふわふわした感じなんだが、だれでも感じるものなんだろう。
そういったことをみんなが感じるのだろう。せっかくだから、この著者の他の本も読んでみようと思う。

4408534757四月になれば彼女は
川上 健一

実業之日本社 2005-07-16
売り上げランキング : 25,394
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇杯 アルビレックス新潟戦

天皇杯 アルビレックス新潟戦の感想はこちらに書きました。
延長戦でかろうじて勝った。収穫はFWの岡本選手。今後が期待できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CR GO!GO!マリンのばかやろう

あいかわらずパチンコにはまってます。土曜日に行ってしまいました。
午後はサッカー観戦なので、朝から参戦することに。朝一だったので『CR Go!Go!マリン』の端台にすわった。この店はけっこう端台が出ていることが多いので、それを考えてすわった。回ることは回るのだが、全然あたらんのだ。これが。結構スーパーリーチも来ていた。後で調べたら結構信頼度の高いクリオネリーチとかダンスリーチとか出たんだけど結局あたらず。500回25000円投資したところで、財布が空に。時間も無くなったのでやめることに。
こんだけやって当たらないことは初めて。ちなみにネットで調べたら、1500回6万円まわしてやっと当たったという報告も。確率が1/369なので、500回回して当たらない確率は25%くらいらしい。(久しぶりにプライベートでEXCELを使いました。)普通のうちなのかも。さすがに小遣いがなくなり、今月はきびしい状況になっちゃった。
一度くらい当たりを出したいので、またやるんだろうな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハリーポッター見てきました

娘とかみさんが見たいというので、封切り1週間後で『ハリーポッターと炎のゴブレット』を見てきました。
いつもは混むのがいやなので、朝一にいくのですが、今回は時間がとれないので土曜日の夜の回(19:20開始)にしました。土曜日は高校生が1000円、中学生はもともと1000円、駐車券による割引が2名1000円なので、結構安くなると静岡オリオン座に行ったのですが、駐車場を探すためにかみさんと子どもを映画館の前で下ろして、駐車場に車を入れて戻ってみると、すでにチケットを買ってしまっておりました。(かみさん、駐車券割引っていったんだけど、すぐ忘れちゃうし・・・)
そんなことはどうでも良いのですが、少しは混んでいるかと思っていましたが、全然で、この回に入ってきた客はわれわれを入れて20人くらい。結局同じ回を見たのは50人もいなかったのでは。大丈夫なのかな。さすがに4巻目になるとみんなこないのかな。まあ、落ち着いて見ることが出来て良かったのだけど。
本の方は二巻目であきらめてしまったので、このストーリーは全然わかっていなくて、そういう意味では集中して楽しめた。ハーマイオニー役のエマ・ワトソン嬢が一段と大人びてきて、だんだん本の年と合わなくなってきてしまうのではないかと思った。直前にテレビやWOWOWで①『賢者の石』、③『アズカバンの囚人』を見たのだけど続けてみていないと話がわからない。ポリジュース液というものが出てきたのだけど、たしか前に出てきたなぁとは思ったけど、どんな魔法の薬かわからなくて(②『秘密の部屋』にでてくる)、最後にやっと思い出した。ポリジュース液の役割を知らないとちょっとついて行けないかも。まあ、たいした話ではないけど。
本の方は前後編の結構長い話を2.5時間くらいにまとめるので、結構はしょってしまっているらしい。(娘の話によると)でも、おもしろいといえばおもしろい。やっぱり続けてみないとわからないかな。
次回作がいつになるのか、役者が持つのか(年と見た目がね。子どもは成長が早いから。)本の次回作の日本語版は来年の5月らしいが、それも読まない気がする。映画を見たから、本を読んでみるといいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第34節 ヴィッセル神戸戦

第34節 ヴィッセル神戸戦の感想はこちらに書きました。
とりあえず勝ったけど、来週の天皇杯も心配だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »