« コンサート イン つま恋 1975 | トップページ | 今後の予想(予言?) »

自民党圧勝に思うこと

開票情報にはまったく興味がなかったので、今朝になってニュースを見たのだけど、自民党の圧倒的勝利になっちゃったんだね。公明党まで入れると2/3を越えるので、参議院が否決した法案も衆議院だけで可決できる状況になっちゃったんだ。小泉さんがここまで予想して衆議院の解散をしたとしたら、すごい戦略家だ。
なぜ、こうまで自民党が勝ってしまったのかいろいろ分析されているけど、自民党が郵政民営化一本に絞って選挙戦をやったのがよかったんだろう。民主党とすれば郵政民営化は反対ではないはず。ただ、「小泉さんが今進めている」郵政民営化には反対だけど、別の形の郵政民営化なら賛成だったはずで、そういう意味では勝負のもっていきかたですでに負けていたのかも。民主党が年金とか税制改革とか行財政改革とか言っても、自民党はまったく反応しなかったからね。結局選挙に行った人たちの多数は安定を求めたんだろうね。小泉さんのやり方にだまされたのかも。(だまされたかどうかは今後わかるはず。だまされていないことを願うのだけど。)
さて、これで政局は安定するのだけど、国民生活はどうなるのだろう。安定多数をバックに、税制改革を行ってサラリーマン増税をしたり、年金の一元化の先送りとか、赤字国債の拡大による景気対策という名の無駄な工事とか、どうしてもやりたい憲法改正とか。なんでもできちゃうよね。憲法改正までは難しいけど。
自民党がいい政治家の下で国民に対していい政治をしてくれるのであるならば、絶対安定多数は必要なんだけど、そうとも限らないよね。歴史は物語るのだから。
せいぜい、税金たくさん取られないように抜け道探すとかしておかなくちゃ。

|

« コンサート イン つま恋 1975 | トップページ | 今後の予想(予言?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/5908698

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党圧勝に思うこと:

« コンサート イン つま恋 1975 | トップページ | 今後の予想(予言?) »