« 失われし書庫 | トップページ | イーバンク こんな支店名でいいのか。おもしろすぎる。 »

選挙と公約

たまには堅い話も。
前に小泉首相の公約の話をした。公約とは国債30兆円枠、終戦記念日の靖国神社参拝、郵政民営化だ。現在までのところ、国債30兆円は最初の年はなんとか守れたが、その後はさっぱりで現状は30兆をはるかに超えている。景気回復を優先するために仕方がないという言い訳はあるものの、日本の政治のトップが言った約束がこうも簡単に破られて、それでそのままになってしまうということは情けないのではないか。
靖国神社参拝だってそうだ。簡単にできないことは昔からわかっている。それを公約として出したことがよくわからない。公約って言うのは約束だ。約束が守られないことおよび守られないことに対して責任を持たないことが一番問題だ。じゃあ、誰だって約束は守られなくてもいいことになっちゃう。だって首相が約束守らないんだから。そんなことが許されるわけがないはずなのに、責任すら取らない。おかしいよ。
普通約束を守れない人は信用されないはずだし、信頼もされないはずだ。でもその小泉さんがこの総選挙で何とか勝ってまた首相をやる。自民党総裁の任期はあと1年あるから。
選挙というのは立候補した人に今後の何年かを任せられるかを判断することでもある。これまでやってきたことはどうだったのか。選挙のときにやると言ったことはどこまでやったのか。言っただけになっていないか。ちゃんと判断して投票したいものだ。
それからこれをかろうじて見た方々、お願いだから選挙に行って投票しましょう。投票もせずに政治や年金などに愚痴をたれるな。

|

« 失われし書庫 | トップページ | イーバンク こんな支店名でいいのか。おもしろすぎる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/5845589

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙と公約:

» 郵政民営化とは本当は何なのか - 公社分割と株式売却の中身(なるほど、キーワードはホリエモンだ) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
「世に倦む日日」より。http://critic.exblog.jp/33859 [続きを読む]

受信: 2005/09/08 21:54

« 失われし書庫 | トップページ | イーバンク こんな支店名でいいのか。おもしろすぎる。 »