« 吉田拓郎コンサートinつま恋 | トップページ | 選挙と公約 »

失われし書庫

ジョン・ダニング著「失われし書庫」読了
前2作(「死の蔵書」、「幻の特装本」)の続き物だが非常にいい作品。前作もいずれもこのミスの上位になっているはず。おそらくこの本もこのミスの上位に入ってくるだろう。
主人公のもと刑事の古書店主が事件に巻き込まれるのだが、いわゆる古本屋ではない。高価な初版本を扱う書店だ。たまたま見つけた初版本に書かれていた献辞のなぞをめぐって、一人の女性が殺されて、その本にまつわるなぞを解く旅に出る。人物の描写がいきいきとしていて、非常に読みやすい。
あとがきによれば、このシリーズの続編が2005年に出てくるらしい。翻訳が待たれる。

4151704086失われし書庫
ジョン・ダニング

早川書房 2004-12
売り上げランキング : 41,640
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 吉田拓郎コンサートinつま恋 | トップページ | 選挙と公約 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/5833319

この記事へのトラックバック一覧です: 失われし書庫:

« 吉田拓郎コンサートinつま恋 | トップページ | 選挙と公約 »