« 吐きたいほど愛してる | トップページ | 第18節 名古屋グランパス戦 »

横山秀夫著「顔」読了
警察の鑑識課の似顔絵を描く女性警察官の物語。もっとも鑑識課にいたのだが、犯人逮捕後に似顔絵を修正するように命じられてそれに従わず、別の部署に異動になる。その後同じような似顔絵に関連する事件に巻き込まれ、警察組織や新聞社といった著者お得意の分野で物語が展開する。安心して読めるレベルだが・・・。
警察も組織だし、警察官も人間だからと改めて考えさせられる内容だ。著者の小説はおおむねそうなのだが。

4198922330
横山 秀夫

徳間書店 2005-04
売り上げランキング : 4,993
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 吐きたいほど愛してる | トップページ | 第18節 名古屋グランパス戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/5132344

この記事へのトラックバック一覧です: :

» 読書感想「顔 FACE」 [三匹の迷える羊たち]
読書感想「顔 FACE」 顔 FACE 【はてなダイアリー】http://d.hatena.ne.jp/asin/4198615861 【評価】★★★ [続きを読む]

受信: 2005/07/30 10:39

« 吐きたいほど愛してる | トップページ | 第18節 名古屋グランパス戦 »