« 黄昏のローレライ―キャバレー〈2〉 | トップページ | ナビスコカップ 準々決勝第1試合 »

くらのかみ

小野 不由美著「くらのかみ」読了
この著者の本ははじめて。この本は講談社のミステリーランドシリーズの1冊で、このシリーズではほかの著者の本を読んでいたので、読んでみた。ミステリーランドシリーズは「かつての子どもだったあなたと少年少女のための〜」となっており、小学生高学年でも興味を持てるような内容になっている。
この本では座敷わらしと犯人捜しがテーマだ。遺産相続の話し合いのために、親戚一同が田舎の本家に集まり、そこで毒物さわぎが起こる。子どもたちはひとり多くなり、座敷わらしが出たということでそれがだれなのかわからない。描写がうまくて、このあたりの表現におかしくないところがうまい。
こういった本が多く出てきて、少年期から本を読むことがたのしい人が増えてくることに期待。

4062705648くらのかみ
小野 不由美

講談社 2003-07-30
売り上げランキング : 47,291
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 黄昏のローレライ―キャバレー〈2〉 | トップページ | ナビスコカップ 準々決勝第1試合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/5240680

この記事へのトラックバック一覧です: くらのかみ:

« 黄昏のローレライ―キャバレー〈2〉 | トップページ | ナビスコカップ 準々決勝第1試合 »