« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

くらのかみ

小野 不由美著「くらのかみ」読了
この著者の本ははじめて。この本は講談社のミステリーランドシリーズの1冊で、このシリーズではほかの著者の本を読んでいたので、読んでみた。ミステリーランドシリーズは「かつての子どもだったあなたと少年少女のための〜」となっており、小学生高学年でも興味を持てるような内容になっている。
この本では座敷わらしと犯人捜しがテーマだ。遺産相続の話し合いのために、親戚一同が田舎の本家に集まり、そこで毒物さわぎが起こる。子どもたちはひとり多くなり、座敷わらしが出たということでそれがだれなのかわからない。描写がうまくて、このあたりの表現におかしくないところがうまい。
こういった本が多く出てきて、少年期から本を読むことがたのしい人が増えてくることに期待。

4062705648くらのかみ
小野 不由美

講談社 2003-07-30
売り上げランキング : 47,291
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄昏のローレライ―キャバレー〈2〉

栗本薫著「黄昏のローレライ―キャバレー〈2〉」読了
栗本さんの本はこのところグインサーガ以外は全く読まなくなってしまったが、これは「キャバレー」の続編と言うことで手に取った。前作はたぶん20年前に読んだと思う。たしか、映画化もされたと思う。若かりし頃でジャズの「レフトアローン」にも興味を持った。もっとも、ジャズで曲名がわかるのは「レフトアローン」と「サマータイム」ぐらい。
前作の19年後に主人公のサックス演奏家とやくざの親分がまたであって、物語が始まる。ジャズの演奏の描写や主人公のグループのなかの葛藤など、おもしろい。昔の読んだ前作が思い出されて読みたくなった。そののち、主人公のかみさんが殺されて、覚醒剤中毒だったり、売人グループの暗躍だったり。ストーカーもでてきていろいろ大変なはなしになった。それでも、全編に流れるうら悲しい雰囲気が非常によかった。前作を探したが、たしか人に貸した後、帰ってこなかったことを思い出した。

4894562642黄昏のローレライ―キャバレー〈2〉
栗本 薫

角川春樹事務所 2000-10
売り上げランキング : 232,304
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第18節 名古屋グランパス戦

ジュビロの試合の感想はこちらへ。
第18節 名古屋グランパス戦の感想はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横山秀夫著「顔」読了
警察の鑑識課の似顔絵を描く女性警察官の物語。もっとも鑑識課にいたのだが、犯人逮捕後に似顔絵を修正するように命じられてそれに従わず、別の部署に異動になる。その後同じような似顔絵に関連する事件に巻き込まれ、警察組織や新聞社といった著者お得意の分野で物語が展開する。安心して読めるレベルだが・・・。
警察も組織だし、警察官も人間だからと改めて考えさせられる内容だ。著者の小説はおおむねそうなのだが。

4198922330
横山 秀夫

徳間書店 2005-04
売り上げランキング : 4,993
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

吐きたいほど愛してる

新堂冬樹著「吐きたいほど愛してる。」読了
直前に読んだ「三億円を護れ。」が非常に好感だったので、とりあえず手にとってみて読んだのだけど、ダメだった。この人の短編集は初めてだが、かなりがっかり。
もし、この本を読むなら、三篇目にでてくる「まゆかの恋慕」だけを読むことをお勧めする。これと残りの3篇は違いすぎる。この一篇は読むべし。残りは読むな。

410473201X吐きたいほど愛してる。
新堂 冬樹

新潮社 2005-01-20
売り上げランキング : 152,345
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三億を護れ!

新堂冬樹著「三億を護れ!」読了
「銀行籠城」が非常に興味深い内容で、この作者に興味があったので、読んだ。宝くじで三億円当選したサラリーマンを巡って、その家族、親類、娘の恋人、友人、友人の友人、だますひと、それを阻止しようとするひとなどなどが出てきて、展開もテンポ良く非常におもしろかった。人物の表現がうまいので、情景が浮かぶ。
ジャンボ宝くじはいつも買っているのだが、まったくあたらない。もっとも当たっていればこんなこともしていないような気がする。もし、本当にあたったらどうしようか。なんて、考えている時に一番幸せなのかも。実際に当たったら、この小説のように、群がってくるひとが多いんだろうな。まあ、そんな心配をしてもしかたがないが。

4198618453三億を護れ!
新堂冬樹

徳間書店 2004-04-21
売り上げランキング : 319,847
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第17節 東京ヴェルディ戦

ジュビロの試合の感想はこちらに書くことにした。
第17節 東京ヴェルディ戦の感想はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペースシャトルの落日

松浦晋也著「スペースシャトルの落日」読了
たまたま図書館で見つけたので読んでみたが、いままで思ってきたNASAの技術が案外だめだったんだと再認識できた。そもそもスペースシャトルが翼を持った再利用可能な宇宙船ということだったが、最初から設計ミスだったのではと思われる事実がいろいろ出てくる。もともとどのくらいの問題発生率かを計算したところ、ある組織の計算では50分の1ということで、当初そんなことはないんじゃないかと言われてきたが、実際には113回で2回の事故、2機のシャトルを失ってしまった。アメリカもだいたいわかってきて、これ以上やってもしょうがないという感じになっているのではないかと思う。
すでにスペースシャトルは2010年には引退することが決まっていて、いま建設途中になっている宇宙ステーションも2014年には廃棄するんだって。よくよく考えてみると18年前に設計され、建造されたシャトルをいままでよく使ってこれたというのが正直な感想だ。科学の進歩により、新しい技術は出てくるけど、一度設計されて作られたものを使い続けると言うことは大幅な改良を加えることができないということだ。5年前に買ったパソコンで、確かにHDやCPUは新しくできるけど、今買ったパソコンには能力的には追いつかない。そういったことがいま起きている。シャトルはそろそろあきらめたら、いいんじゃないかな。日本人が乗り込むと言うことで浮かれている場合じゃない。

4767804183スペースシャトルの落日~失われた24年間の真実~
松浦 晋也

エクスナレッジ 2005-05-12
売り上げランキング : 1,912
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイルド・ソウル

垣根涼介著「ワイルド・ソウル」読了
「午前三時のルースター」が非常に良かったので、そのつながりでこの作者の「ワイルド・ソウル」を読んだのだが、非常に良かった。今年の1番だ。
ジャンルとしてはミステリーだとおもうが、アクションもいい。人物の描写はすばらしい。物語がいきいきと動いている。著者の代表作となることは間違いないだろう。
南米移民問題をあらためてはっきり考えさせられる内容。内容はフィクションなのだが、歴史の事実を背景に忠実に描いてある。移民というか棄民政策が行われていたという事実を考えさせられる。あらためて日本の外交政策が存在せず、いい加減なことばかりしていることがよくわかった。外交ばかりではないだろう。日本の役人というか行政はあるところまでいってしまうとまったく機能しなくなるし、逆にとんでもないことが起きることが再認識された。税金を払っている国民としては非常に残念だ。
こういったことが起きる背景には、行政がやったことを反省しないからだ。過去やってきたを何も考えずに続けることを大事にしている。そのうちに世の中が変化しても、見直しが行われないから税金の無駄使いが増える。本来は政治家がそのあたりをチェックするはずなのだが、政治家は政治家で実績作りにために新しいことをやろうとする。結局、国民としてはあきらめしかできなくなる。国の借金が増え続けているのを国会議員はどう考えているのだろうか。普通の会社なら、責任を取ってやめるぐらいのところまできている。日本人はみんな責任を放棄しているか先送りしている。この国はどうなってしまうのか。

434400373Xワイルド・ソウル
垣根 涼介

幻冬舎 2003-08
売り上げランキング : 38,010
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前田ハットトリック!

ジュビロ快勝。
J-Sports(CATV)でみていたのだけど、途中で現地からの中継が止まるくらいの大雨のなか、前田がハットトリックでやってくれました。前半はピンチの連続でへたすれば何点か入っていてもおかしくなかったぐらいの展開だった。大雨と非常に強い向かい風で、それも大いに影響していたと思う。後半腰痛の西と中山を服部と前田に変えて、それがぴたりとあたり、後半は別のチームみたいになった。前半からこうするのは難しいんだろうか。
太田のアーリークロスに前田が合わせて2点。いつも太田が持ち込んでクロスを入れていたのだけど、持ち込むとセンタに守備が濃くなり、いつもはじき返されていたので、このアーリークロスは良かったと思う。できるんなら、もっとはやくやってよって感じ。
これで3位浮上。首位は雲の上だが、1つ1つ勝つことが大事。がんばってくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッピーベガ

SONYのハッピーベガのCMが気になった。
オレンジの衣装の女性が気になり、てっきり手塚さとみさんかと(古い!)思っていたのですが、調べたところ”未希”さんでした。
06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また負けた

Jリーグが再開された。
ジュビロは黒星スタートになっちゃった。試合を見ていないので、細かいコメントはできないのだけど、代表組が加わってから時間が短いし、藤田もいなくなっちゃったし、どうかなと思っていたけど、案の定カウンターに対応できなくて2失点。ロスタイムにFKで1点返したけど、はっきり言って焼け石に水だな。
シュートは打ってるけど、キーパーの前だったり、枠にいかなかったり。シュートが決まらないのでずるずる攻め込まれて、DFがこらえきれずに失点という、今までと同じ展開に。
得点力があるFWがほしい。もっとシュート練習してほしい。点を取るフォーメーションの練習をしてほしい。せめて、ホームでは引き分けに持ち込んでよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月のオークション

6月のオークション結果
<出品したもの>
・フットバス
・アムウェイ プロテイン(残り物)
・アムウェイ コレステジャスト(残り物)
・映画鑑賞券
<落札したもの>
・3.5インチ外付けDISKケース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また サハラ-死の砂漠を脱出せよ-

ギャガコミュニケーションズさんから『サハラ-死の砂漠を脱出せよ-』の特別鑑賞券をいただきました。
ありがとうございました。
サイトはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »