« 第18節 名古屋グランパス戦 | トップページ | くらのかみ »

黄昏のローレライ―キャバレー〈2〉

栗本薫著「黄昏のローレライ―キャバレー〈2〉」読了
栗本さんの本はこのところグインサーガ以外は全く読まなくなってしまったが、これは「キャバレー」の続編と言うことで手に取った。前作はたぶん20年前に読んだと思う。たしか、映画化もされたと思う。若かりし頃でジャズの「レフトアローン」にも興味を持った。もっとも、ジャズで曲名がわかるのは「レフトアローン」と「サマータイム」ぐらい。
前作の19年後に主人公のサックス演奏家とやくざの親分がまたであって、物語が始まる。ジャズの演奏の描写や主人公のグループのなかの葛藤など、おもしろい。昔の読んだ前作が思い出されて読みたくなった。そののち、主人公のかみさんが殺されて、覚醒剤中毒だったり、売人グループの暗躍だったり。ストーカーもでてきていろいろ大変なはなしになった。それでも、全編に流れるうら悲しい雰囲気が非常によかった。前作を探したが、たしか人に貸した後、帰ってこなかったことを思い出した。

4894562642黄昏のローレライ―キャバレー〈2〉
栗本 薫

角川春樹事務所 2000-10
売り上げランキング : 232,304
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 第18節 名古屋グランパス戦 | トップページ | くらのかみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/5228666

この記事へのトラックバック一覧です: 黄昏のローレライ―キャバレー〈2〉:

« 第18節 名古屋グランパス戦 | トップページ | くらのかみ »