« 第三の時効 | トップページ | appleとintel »

小泉首相の公約

また、堅い話をちょっと。
小泉首相の公約はなんだったか。1)8/15に靖国参拝 2)国債発行を30兆円以下にする。 3)ペイオフ解禁 だったらしい。このうち、2)はさっぱりだ。とっくの昔に30兆円を越え、全然減らないよ。3)は一応やった。それも1年延期して。まあやったからいいか。それで残ったのは靖国参拝ということだ。ということでどうしてもこれをやりたいのかなぁ。わたしなどの年代の感覚からは全然理解できないのだが、そんなに靖国参拝が大事なのか。
数年前に鹿児島知覧町の特攻記念館に行ってきたのだが、あそこで特攻で散っていった方々の遺品や書き物をみていると自然に涙が出てくる。あのようなことに将来ある若者をおいやってしまったことの責任を取るべきで、そういう意味ではなくなった若者に敬意を払うのはわかるが、すべての戦没者を英霊とするのはおかしいと思う。
A級戦犯を分祠するのには当人たちの遺族が反対しているらしい。それをすると先の戦争を侵略戦争と認めることになるかららしい。でも、侵略戦争だったということに歴史観になっているのではないのかな。それをねじ曲げようとするから、またおかしくなるのではないか。
少なくとも一国の首相が自分の信念を曲げないことも大事だが、国益を考えるべきではないか。

|

« 第三の時効 | トップページ | appleとintel »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/4445234

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉首相の公約:

« 第三の時効 | トップページ | appleとintel »