« 出口のない海 | トップページ | サハラ-死の砂漠を脱出せよ- »

従軍慰安婦という造語

ココログ見ていたら、こんなのがあったので読みふけってしまった。
幻の従軍慰安婦
従軍慰安婦という言葉自体は後で作られたものであって、最近になって新たに情報が捻じ曲がって伝えられているようだ。言葉が指しているようなぼんやりとしたことが存在したのは事実であるとしても。
自分は当然戦後の高度経済成長世代なので、太平洋戦争については真実と真実でない部分が多いことはなんとなく知っている。おそらく現代の日本人は太平洋戦争当時のことは歴史としてちゃんと理解していないのではないか。この際、何が真実であって、何が作られたものなのかをはっきりさせるべきだ。ちゃんとした歴史認識がないので、靖国参拝問題もこの問題も中国や韓国の方々が怒っている問題も正常に判断できない。ただ、他国から言われたことをそのまま受け入れるのでは、この国の主体性もないのではないか。まず、正常な事実認識。そのあとでやっと相互理解の道が少しだけ開けるのではないか。
なんで、こんな堅い話題ばかりになっちゃったのかな。

|

« 出口のない海 | トップページ | サハラ-死の砂漠を脱出せよ- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/4567011

この記事へのトラックバック一覧です: 従軍慰安婦という造語:

» 従軍慰安婦の本質? [苺系毒電波の舘]
「従軍慰安婦」発言 謝罪した? 細田長官が“証言”/文科相は否定(goo ニュース) 細田博之官房長官は十四日午前の記者会見で、中山成彬文部科学相が同日の閣僚懇談会で「そもそも『従軍慰安婦』という言葉... [続きを読む]

受信: 2005/06/15 23:26

« 出口のない海 | トップページ | サハラ-死の砂漠を脱出せよ- »