« 小泉首相の公約 | トップページ | ETC取り付け »

appleとintel

macintoshに関連する話題なのでちょっと。APPLEが次のCPUとしてINTELを採用したという話。
ITニュース系では結構大きく流れていて、もうちょっとすると一般系の話題になって、勘違いしてDELLのパソコンでMAC OSXが動くと勘違いする人が出てくると思う。わかっている人はそんなことが簡単にできないことは百も承知だが、CPUが同じなので動くと勘違いしてしまう。最終的には動くようになるのかもしれないが、結構先だろう。エミュレータを作るのは楽になるかもしれない。いままではCPUのエミュレーションをしなければならなかったけど、今度はBIOSレベルのエミュレーションですんじゃうからね。
APPLEはその昔はモトローラ68系で、それからPowerPCに移行し、今度はINTELになる。前回の移行を知っている人間としては、うまくいったとは言うもののわたしはずっと68系Macを使い続けていた。APPLEやソフトベンダーは2種類のバージョンを当分の間作り続けないといけないので、けっこう負担となる。でも、CPUの速さを求めるのならしかたがないかな。
わたしはこの間Mac miniに移行したばかりなので、やっぱりこれを当面使い続けるだろう。実際ぜんぜん不都合はないし、結構速いし。まあ、いつごろちゃんと動くハードとソフトがでてくるかが当面の期待か。

|

« 小泉首相の公約 | トップページ | ETC取り付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/4484497

この記事へのトラックバック一覧です: appleとintel:

« 小泉首相の公約 | トップページ | ETC取り付け »