« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

パーフェクトプラン

柳原 慧 著「パーフェクトプラン」読了
第二回「このミス」大賞受賞作ということで、期待して読んだ。なんといっても第一回は「四日間の奇跡」だから。でも、ちょっと残念。これが大賞なのか・・・
子供の誘拐なんだけど、知能犯の誘拐というか、直接身代金を要求しないという点ではすごいんだけど、株ってそんなにかんたんに操作できるのかなぁ。できるんだったら、お金持ちはもっとお金持ちになっていないとおかしいと思うのだけど。誘拐というのはもっとも割に合わない犯罪だと思う。ちゃんと誘拐できる子供以上だとすると、少なくともなんらかの情報が人質側に残ることになり、最終的に人質を殺すしかなくなっちゃうんだと思う。そういう意味では誘拐を考える人はよっぽど頭が悪いか切羽詰った人なんだよね。それからすると誘拐してお金をせしめるところまではいいんだけど、結局つかまっちゃうよね。きっと。身代金を要求しなかったとしても、犯罪だから。
誘拐の映画では黒澤明の「天国と地獄」がいちばんかな。直接関係ない人(使用人の息子:まちがえて誘拐したのだが)を誘拐して、金を要求するというアイデアはすごい。いちおう「キングの身代金」という原作があって、こういった内容らしいのだが。この映画のあとで、こういったケースでも誘拐罪が適用されるように刑法の改正をさせちゃったんだから。
あと、この小説、けっこうコンピュータのこととか結構詳しく出てくるけど、ちょっと変な記述も目立つ。作者は実は詳しいところを知らないんじゃないのかな。一般の人にとっては、記述が詳細すぎて何言ってるんだかわからないんじゃないかな。まあいいんだけど。こういったことが内容をぼやかしていて、切れ味を欠いているのではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夜中の五分前 side−B

本多孝好著「真夜中の五分前side−B」読了
前にside-Aを読んだので、ずっと待っていたのだがやっと図書館でみつけたので、読みました。残念ながらside−Aはなかったので、一緒に読むこともできず、すでにside−Aの内容もほとんど忘れてしまった。side-Aは双子の姉妹の片方に恋心を抱いた主人公が、事故でなくした前の恋人のことを思い出す話だったかな。その続編なのだが、いきなり姉妹の片方=主人公の恋人のほうが旅行に行って事故死していて、それが姉妹がいっしょに行った旅行だったので、どちらがなくなったのかまわりが疑いだす。なくなった恋人のことが忘れられず、なおかつ生き残った双子の片方が実際のところ、どちらなのかわからないというような展開で、純文学というか恋愛小説なので、そうなんだよなという感じで読み終えた。終盤に前の恋人の墓参りに行く場面があるが、ここの描写には感情移入できて、なかなかいい感じだった。
でも、やっぱり純文学は体に合わない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tiger

うちのmac miniのOSを”Tiger”にバージョンアップした。
でた当初はバグが多いので、最初のアップデートが出るまで、インストールを待っていたが、それも出たのでインストールを行った。表向きの変更はそれほどないのだが、目玉は”Dashboard”かな。遙か昔もmacでいうとDA(デスクアクセサリというものがあった。macosがシングルタスクのときなので・・・)とか、昔のMS−DOSでいうとTSRソフトみたいなものかな。(要は何かをしているときに、それを終了させることなく、バックグランドの処理画面を出して見ることができる。)
まだ、OS標準の状態なので、今後新しいwidget(Dashboard配下で動くアプリ)が増えて使えるようになったらおもしろい。ちなみに天気の設定にはとまどった。都市を変えることができなくて、都市名を入れてDoneしてみたが、いっこうに変わらない。いろいろネットで調べたら、都市名を入れてリターンするのだと。そうすると都市名の検索にいく。こりゃわからないよ。私の市は出てこなかったが、県庁所在地の市はでてきた。まあ、しょうがないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揺籃の星

J.P.ホーガン著「揺籃の星」読了
ひさしぶりにホーガンの新作を読む。ハードSFだ。ホーガンの作品はデビュー作「星を継ぐもの」から順に、ほとんどすべてを読んでいる。デビュー作を読んだのが大学の時なので、もう、20年以上前だ。本を読んでいてぞくぞくするような感動を覚えた気がする。そのシリーズも出るたびに読んだ。ちなみに数年前にまとめて読み直したが、いつ読んでもいいものはいい。もはや古典といってもいいだろう。
「揺籃の星」は前半はハードSFなのだが、後半はハードボイルドというかパニック小説というか、ちょっとはずれてしまって残念な内容だ。あとがきにもあるが、この小説はイマニュエル・ヴェリコフスキーの「衝突する宇宙」がすべて正しかったとするところからはじまる。その昔、木星から放出されたいん石が、地球に接近し、最終的に金星になったという仮説(正しくないのだが)をベースに、もう一度木星からいん石というか惑星クラスの物体が放出され、それが地球にむかってきて、後半はその衝突直前で宇宙へ脱出するところが延々続く。前半で結構SFネタが出てくるのだが、いずれも途中で尻切れになってちょっと残念。たとえば、太古の恐竜は地球の重力のもとではその体重を支えられないので生存できない、つまり、地球の重力になんらかの変化があったはずで、実は地球は土星の衛星だったものが遙か昔に土星を飛び出して、現在の位置に来たとか。まあ、SFだからこのくらいはいいだろう。あとはそれがあたかもそれらしく肉付けされればいいので。
これをスタートに3部作がすでに書かれていて、翻訳待ちらしい。ホーガンなので大はずれはないと思うので、気長に待つことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肩が痛い

連休あたりから、左肩がいたい。力仕事をちょっとしたので、その関係かとおもってそのうちに直るかとほっといたのだが、いっこうに直らない。とりあえずしっぷ薬や痛み止めの飲み薬などを使ってきたが、なおらないどころか、だんだん首のほうや肩甲骨のあたりまでいたみがでてきた。それに首をまわしたときに左手にしびれもでてきた。首がこってきているからなのかと思うのだが、不思議と右肩はなんともない。
医者にいこうとも思うのだが、こういったときはどこにいくもんなんだろう。高校の同級生が整形外科を継いだので、そこでもいいかと思うのだが、いっそのこと接骨院みたいなところやマッサージがいいのかな。マッサージには知り合いがいないので、相談するにも・・・
なんかいい薬はないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

午前三時のルースター

垣根涼介著「午前三時のルースター」読了
ひさびさに気持ちよい読了感のある小説だった。ベトナムでの活劇調ミステリー(かな。こんなに簡単に片付けてしまっては申し訳ないが。)簡単なあらすじを書くと、主人公は旅行代理店の営業なのだが、知り合いの社長に頼まれて社長の孫をつれて、4年前に失踪した社長の娘の夫(孫にとっては父親)を探しにベトナムにいくのだが、そこでいろいろな事件に巻き込まれて・・・。
登場人物がそれほど多くないのだが、人物が非常によくかけている。主人公、主人公の友人、孫、失踪したその父親、現地でしりあった女性と運転手、いずれも生き生きと書かれている。ストーリー展開が非常にスムーズ。
年が近いせいか特に失踪した父親(後半に少し出てくるだけなのだが)の言葉、生き方、考え方に感情移入できた。俺もこういう体験ができたら・・・(とはいうものの、実際には周りの環境が違いすぎるから、こんな風には絶対にならないが。)
おすすめの1冊である。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

結婚話 乙葉&結子

このところ芸能界の結婚話でワイドショーあたりは非常な賑わいなのではないだろうか。乙葉(おとはと打って変換されないぞ→XP)は前々からうわさがあったらしいけど、竹内結子までとは・・・(ついでにゆうこと打って変換候補にでてこない)
乙葉は最近では笑っていいともにもレギュラーで出て、単なるグラビアアイドルではなくなった感があり、お茶の間の受けもよかっただろうから、結構結婚の会見は反響があったのではないかな。こういったニュースが流れると結婚する若い人たちが増えるそうだから、もっとやってほしいものだ。なんせ今日本は少子高齢化しちゃってるのだから、若い方々が結婚して、子供をたくさん作って、われわれの老後を担ってもらわないと。人口が減っちゃうのをふせがないと。(まあ、どうでもいいが)
竹内結子も昔から注目していた女優だ。朝の連続テレビ小説(ちなみにいまBSでは再放送している)で出てくる前に、CMで猫のまねをするやつがあったのだが、非常に印象に残るものだった。プロフィールを改めてみたら、道でスカウトされたんだってね。スカウトしたやつの眼力はすごいね。
映画「いま、会いに行きます」は予告編しか見なかったが、本編みたかったな。DVDとか出てるのかな。「黄泉がえり」もよかった。最後に泣けてきたからな。見る価値あり。調べてみたら、「ビッグ・ショー! ハワイに唄えば」にも出ていたんだ。そういえば、アシスタントみたいな役で出ていた気もする。
結婚して仕事をやめちゃうとしたらさびしいけど、そうでもなさそうなので、今後もがんばってほしい。また、すぐに離婚するのも勘弁してほしい。それこそ、国民に影響力があるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレオパトラの夢

恩田陸著「クレオパトラの夢」読了
「六番目の小夜子」が非常によかったので、この作家も好きで読んでいる。登場人物の作り方がちょっと私に合っていなくて、おかまっぽい主人公と双子の妹、その不倫相手とさらにその妻、ちょっと複雑すぎるだろう。横糸として天然痘ウイルスとそのワクチンの存在を探る話なのだが、あまりにもあっさりしている。テーマとしてはいいネタだと思うのだが・・・
天然痘は1977年に最後の患者が出て以来、全世界で絶滅された病気らしい。現在アメリカとロシアでウイルスが保管されていて、廃棄することを宣言しているが実現していない。よくバイオテロのネタにされている。空気感染と接触感染でひとからひとに感染し、比較的死亡率が高いことから、もし、テロリストにわたったらとんでもないことが起きる。しかも、絶滅宣言されているので、ワクチンの準備がない。われわれの年なら種痘を受けているが、ある年齢から一切されていないので、免疫がないといってもいい。アメリカはまだしもロシアだとどこかに横流しされてテロに使われてもおかしくないのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »