« 殺人の門 | トップページ | 2月か »

逃亡作法

 東山彰良著「逃亡作法」読了。
「このミス」大賞の銀賞と読者賞を受けた作品で、期待していたのだけど、ちょっと合わなかった。全体的に外国のアクション作品の翻訳物の雰囲気のある作品であるが、もともとこのジャンルはあんまり好きでないので・・・。読んでいてアクションシーンが具体的に映像化されなかったので、どうも内容が入ってこない。日本人にとって、ピストルやマシンガンが一般的でないので、これでドンパチやっていても、どうも状況がつかめない。相手が死んだのかどうなのかが読めないので、どんどん状況が分からなくなってしまう。でも、内容的には面白いし、新人だというのは驚き。この作者の文体がうけるのかどうかはこれからか。

|

« 殺人の門 | トップページ | 2月か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66291/2761284

この記事へのトラックバック一覧です: 逃亡作法:

« 殺人の門 | トップページ | 2月か »