家族が認知症になったときに読む本

最近、父親が認知症になった関係で、いろいろ認知症関連の本を読んでいる。
おそらく、家族が認知症になった経験など普通の人にはないので、最初はオロオロして仕舞うだけだと思う。そんなときに手にとってほしい本を紹介する。
ちなみにうちの状況はこんな感じ。
2016年10月に心臓病の発作で一時期意識を失い、救急車で病人に入院。すぐに意識を取り戻したので、命に別状はなかったが、心臓は結構動きが悪くなっていた。その後、正月も無事越え、7月までは自宅でなんとか生活してきていたが、だんだん動きが悪くなり、足は象のように腫れあがり、歩くのも苦しい状態だったが、ねっからの病院嫌いで、なかなか病院に行かなかったものを、無理やり連れて行ったところ、心臓の働きが悪いために水分の排泄ができず、肺と手足に水が溜まっているとのこと。緊急入院で利尿剤で水分を落とすこととなった。この入院の期間に認知症の症状がでて、記憶の混乱、見当識障害などがでていた。
病院嫌いは入院嫌いでもあり、1週間入院するのが精一杯。ここから自宅での介護生活が始まる。ヘルパーさんに朝晩来てもらい、面倒を見てもらうこととなったが、9月に尿路感染症を発症し、体温が39度くらいまで上がる。これでまた緊急入院。でも、1週間ももたず、退院することに。気が小さいので4人部屋にいることができない。
その後9月に玄関で出たところで転び、大腿骨を骨折。それから基本的に寝たきりとなる。
ただ、寝たきりになっていることは忘れてしまうことがあり、勝手にベットから降りてしまうなど、問題行動もしばしば。記憶は30年飛んでしまって、仕事をやめることを心配している状態。年齢は89歳なのに。

こんな状態で、そんな状況をちょうとよく当てはまる話と、具体的なケアについてを教えてくれた本がこれ。

発症から看取りまで認知症ケアがわかる本
発症から看取りまで認知症ケアがわかる本渡辺 千鶴 杉山 孝博

洋泉社 2016-08-25
売り上げランキング : 686525


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

具体的なケースを想定して、おばさんの介護に当たる姪の物語は非常に参考となる。こんな感じになるんだなというのがわかるだろう。

あと、この本も参考となった。

在宅介護応援ブック 認知症ケアQ&A (介護ライブラリー)
在宅介護応援ブック 認知症ケアQ&A (介護ライブラリー)三好 春樹 東田 勉

講談社 2014-10-16
売り上げランキング : 160599


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一番の問題は介護する側の不幸な事件である。例えば、これ

「母親に、死んで欲しい」: 介護殺人・当事者たちの告白
「母親に、死んで欲しい」: 介護殺人・当事者たちの告白NHKスペシャル取材班

新潮社 2017-10-18
売り上げランキング : 9183


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記
母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記松浦 晋也

日経BP社 2017-08-03
売り上げランキング : 827


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こういったことにならないためにも、本を読んでおいたほうがいい。
参考にはなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素人農家の農業日記 10/9

また、すっかり更新をしていなかった。
9月半ばに落水したのだけど、周りの田んぼから水が入っている状況で、実質的に落水出来ていなかった。
そのため稲刈り予定を一週間伸ばして、10/8から始める。
稲刈り前

Img_20171008_122921_1

まず、四隅を手で刈り、稲刈り自体はバインダーで行う。ここで、田植え時の失敗がわかる。往復行のあと、最後に手前と奥を植えるのだが、そこを一往復しかしていないので、バインダーで刈るときの余裕が足りなくて、無理やり方向を変えるために刈り残しが出来てしまう。最低でも一往復半は必要だということがわかった。ちなみに、田植え時もトラクターと同じように最後に周回行をすればいいことがYouTubeでわかった。(中古の田植機が格安でヤフオクに出ているので、機種を検索していたらYouTubeに出ていたというわけ)
さて、刈り取り後の状況。


Img_20171009_081636_1

ここから、はせがけをする。(はんでがけとも言う)
今年はほすべーを買ったので、すこしは楽になった。ナルという竹の棒の両端にほすべーの3本足を立てて、残りをいつもの2本足の竹で補強。これで稲をかけていく。これにだいたい6時間。息子が手伝いに来てくれたので、このくらいの時間で終了。
こんな感じ。


Img_20171009_144656_1

これで稲刈りは終了。1週間後くらいに脱穀で今年の主な作業は終了予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素人農家の農業日記 8/24

すっかり更新してなかった。

田植えの後、除草剤を撒き、あとはほぼほったらかしだった。
途中でそれでも生えてくる雑草を取り、ここまで来た。
先週出穂していた。


Img_20170820_090421_1

出穂したってことは、それから40日前後で稲刈りとなる。なので、今年は9月25日ぐらいかな。昨年より1週間ぐらい早いかもしれない。
周りを見るとまだ出穂まではしていないところも多い。うちが少し早い気がする。種まきからちょっと早かったから。
稲刈り10日前くらいに落水させて、稲刈り。これが一番手間がかかる。うちはまだコンバインではなく、バインダーとはせがけしているからね。稲刈りは下手すると3日かかってしまう。
後は機械がちゃんと動くかだな。整備も大事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素人農家の農業日記 6/10

6/10
田植え後、順調の様子。
先週除草剤を播いた。
とりあえず、苗は育っているのでいいはず。

Img_20170610_083458_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

素人農家の農業日記 5/28

5/28
田植えをする。
前日代かきをして半日寝かした状態。
Img_20170528_094757_1

さあ、田植え機を動かそうとエンジンをかけようとするも全然かからない。スイッチがOFFからONにならないのかとかチョークを引かないからなのか、全然かからない。一生懸命スタートレバーを引くもだめ。実際にガソリンがシリンダーに行っているのかプラグを外す。ちゃんとガソリンは行っている。ではプラグで火花が出ないのか。出てる。
それじゃあかかるはずと、引き続きエンジン始動を繰り返すとやっとかかった。これに小一時間かかってしまった。
最悪、同級生に田植え機貸してもらう電話をしようかと思ってしまった。
なんとかかかった田植え機で植えた後がこれ

Img_20170528_113008_1
ちょっと水が入りすぎ。
でも、こちらが悪いんじゃなく、隣の田んぼにガンガン入れているのが溢れてこちらに来ている。ちょっと困るよ。
ちなみにセギがやっぱりだめで、ホームセンターに行って、L字金具を買ってきて補修した。これでなんとか秋まで保つでしょう。
いろいろなことがある。今年は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素人農家の農業日記 5/27

5/27
田植え前に代かきを行う。
朝の段階でまだ水が来ていなかった。水路のセギをしていたが不十分で水が入ってきていない。そもそもセギのところの金具が錆びてボロボロとなってしまっていて、セギがうまく入っていなかった。応急補修をして、水を入れる。
水を入れる前がこんな感じ。


Img_20170527_082859_1

午後になって、水が入ってきたので、代かきをする。
代かき前がこんな感じ。十分水は入っている。


Img_20170527_125326_1

代かき後
こんな感じ。


Img_20170527_145246_1

とりあえず、これで明日の田植えに備える。
ちなみに、トラクターの調子が悪い。家に帰る途中で変速ギアに異音がする。
そろそろ買い換える時期なのか。整備すればいいのか。
中古を探したが、50万円とかするみたい。
年に4日くらいしか動かさない機械なのに、高い。
どうするか。秋までに考える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素人農家の農業日記 5/21

5/21
田植え予定は5/28。
1週間前で肥料をまいて、田起こし。
前回間違えて肥料をまいてしまったので、追加で買って少なめに撒く。
それを朝からトラクターで起こす。肥料を土と混ぜる。
今回は往復耕と周回耕で行ってみた。
作業前がこの写真。

Img_20170521_101902_1

前回耕して草は枯れているものの、土とは混ざっていない。

これが作業後。

Img_20170521_141249_1


まあ、枯れ草は土と混ざったし、肥料も混ざったので、これでいいか。
やっぱり四隅は土が盛り上がってしまったので、鍬で人力ですこし平らにしてみる。
いいのかどうなのかは代かきしてみてかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«素人農家の農業日記 5/14